【3733】ソフトウェア・サービスの月次を予想する(信頼度59.7%)

0

    JUGEMテーマ:株・投資

     

    花金☆三連休♪

    今日はお家でまったりです(*´ω`)

     

    祝日を前にすると毎回思うこと、相場は開けばいいのに...(`・ω・´)ソウオモウノワタシダケジャナイハズ

     

    さて、今日は日経平均が円安の追い風を受けて大幅高!マザーズも動きの鈍さはあるものの、2連騰となりました。が、私の資産は3日続落( ;∀;)強い銘柄を持ててないなとつくづく思います。。。

    まぁそんな私のことは置いといて、、、今日はソフトウェア・サービス(3733)について紹介します(^^)/

     

    あまり他人がやらなそうな方法で月次を予想してみたんで(後半)それを紹介しますね!

     

      ソフトウェア・サービスはどんな会社? 

     

    ソフトウェア・サービスは、病院に販売する電子カルテが主な収入源です。今日は本題の月次の予想だけでも長くなりそうなので、詳細は割愛しますが、受注残高が多くて業績拡大に信頼性があり、財務も良いため増配や市場転向なども見込めるんじゃないかと思っている優良銘柄です。

     

    以前にも軽く紹介したので、こちらもご参照ください。(ソフトウェア・サービス(3733)、君に決めた!→今度こそ

     

    ただ、月次を毎月中旬に発表しており、その進捗状況によっては株価が大きく動く、心臓に悪い銘柄です。また、前期は下方修正していることもあり、受注残高があるとはいえ、今期の計画達成ができるかどうかは不透明だと思っています。

    私は以前買ったこともありますが、底値の7,000円前後で決算を迎えるのが怖くて手放してしまいました。。。

     

    過去の決算はこんな感じ。

     

     

     

    四半期ごとの業績も並べていますが、見てわかる通りかなりバラバラ。

    下の画像が会社から開示されている月次で、6月に発表された5月までの売上(受注高)と、受注残高です。

     

     

    会社からも、『当社の受注案件は、個別性が高いため月次の変動が大きくなります』と示されている通り、月次の変動が大きく、四半期決算の変動も大きい。さらに、どの四半期に偏重があるわけではなく、単純に受注案件によって変動します。

     

      どうやって月次を予想しよう?    

     

    おいおい、そんな変動の大きい月次をどうやって予想すんだよッ!

    ってツッコミがきそうですが、確かに正確に予想することはできません。

     

    『売上高の内訳としては、ソフトウェア、ハードウェア、保守サービスがあります』

     

    このうち、保守サービスは実は簡単にわかります。毎年一定額を保守費としてもらうストック型ビジネスで、電子カルテの販売を拡大するにつれて年間約10%ほどの成長をしています。

    前々期は約40億、前期が約44億、今期の2Qまでが約24億の売上となっています。今年は月当たり4億の売上が見込めます。そこが受注高の最低ラインですね。

     

    では、ソフトウェアとハードウェアの売上はどうでしょうか?

    実はヒントがソフトウェア・サービスのホームページにありました。それはTopページにある新着情報です。

     

     

    ここには毎月、病院に採用された電子カルテが稼働開始したことをお知らせしています。ここから月次予想できないかな、と思ったわけです('ω')ノ

     

    そこで、エクセルにホームページで辿れる2015年から2018年までのお知らせの開示数と、月次の受注高を並べて、グラフ化してみました。なお、受注高から保守サービス分の売上高は減らしています。

    (誰もこんなことしないだろなwww)

     

     

    縦軸が受注高で、横軸がお知らせの件数です。

    …これを見てどう思いますかね?相関ありそうはありそうですよね?微妙ですか?w

     

    ちょっとこれだけでは説得力に欠けるので、データを少し加工してみました。売り上げを計上してから病院から開示されるまでのタイムラグを考えると、どの月次に売り上げが計上されたかは、多少のずれがありそうです。

    そこで、前後のお知らせ件数を重みづけしてみました。

     

     

    さらに説得力を増すために、相関係数を計算してみました。
    相関係数はエクセルで簡単に計算でき、-1〜1の値を取る相関の強さを示すものです。相関係数は0.597でした!

    これは、決して強くはないですが、相関があるといえるレベルです。この数値をそのまま信頼度(→タイトル)としました。

     

     

      実際に予想してみよう!    

     

    ということで、もうすぐ開示される7月の月次を予想してみます。

     

    6月は、残念ながらお知らせは2件。7月は半分すぎたところですが、既に4件のお知らせが出ています。

    その場合の保守サービスを入れた受注高は・・・

     

    900〜1,300百万!!

     

    弱気の幅www

    まぁ、相関係数0.6だったらこんくらいの幅は持たせたほうがいいかな、と。

     

    ただ、一つ言えるのは、、、弱めの月次が予想されます。。。

    (信頼度は60%切っているので保証はしません。)

     

    いずれ買い戻したい銘柄ではあるものの、買うのはもう少し後にしよう、と思った次第です(_ _)


    買い

     

    売り

    なし

     
    にほんブログ村

     

      本日の結果                          

     

    株式資産

     5,226,460円(-44,915円)


    現物保有株

    太陽工機(6164)500株2,870円(+25円)
    フィンテックグローバル(8789)18,000株77円(0円)
    アイサンテクノロジー(4667)300株2,275円(+19円)
    リミックスポイント(3825)100株1,022円(+15円)


    信用買建株

    ライクキッズネクスト(6065)1,900株1,358円(-23円)
    ALBERT(3906)200株6,170円(-290円)
    セプテーニHLDGS(4293)2,500株222円(-6円)
    アプリックス(3727)1,500株253円(+2円)
    第一カッター興業(1716)500株2,418円(+18円)
    太陽工機(6164)400株2,870円(+25円)

     


    昨日は買い戻せず!

    0

      JUGEMテーマ:株・投資

       

      おはようございます!

       

      円安進行がすごい(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

      チャンスなのに、株価は冴えない展開…上がっている銘柄はしっかり上がってるから、銘柄選択ミスってるのかな…( ;∀;)

       

      昨日はいくつ買い注文も出していましたが、約定は一つだけ。ソースネクストを昨日最安値836円で購入しました!一昨日に売った株の買戻しです。

       

      その日底値ハンターの実力発揮(`・ω・´)bドヤッ

       

      といいたいところですが、刺さったのは100株だけ(;'∀')

      もう少し売ってほしかった、、、

       

      さて、今日も地合いはよさそうで、貿易戦争の懸念で下がりすぎた株価の反発相場は続きます。今日も買い注文と売り注文を両立していきます!

       

      買い

      ソースネクスト 100株@836円

       

      売り

      なし

       
      にほんブログ村

       

        本日の結果                          

       

      株式資産

       5,226,460円(-44,915円)


      現物保有株

      太陽工機(6164) 500株 2,870円(+25円)
      フィンテックグローバル(8789) 18,000株 77円(0円)
      アイサンテクノロジー(4667) 300株 2,275円(+19円)
      リミックスポイント(3825) 100株 1,022円(+15円)


      信用買建株

      ライクキッズネクスト(6065) 1,900株 1,358円(-23円)
      ALBERT(3906) 200株 6,170円(-290円)
      セプテーニHLDGS(4293) 2,500株 222円(-6円)
      アプリックス(3727) 1,500株 253円(+2円)
      第一カッター興業(1716) 500株 2,418円(+18円)
      太陽工機(6164) 400株 2,870円(+25円)

      とりあえず下値警戒してみたものの…

      0

        JUGEMテーマ:株・投資

         

        今日もお疲れ様です!

         

        マザーズ続落・・・きびちぃですね〜( ;∀;)

        元々ツイッターではトランプさんも呟いてた2000億ドルの追加関税、今朝そのリストが公表されたことを受けての一時2%超の下落です。

         

        既出ではあるものの、一旦落ち着きを取り戻したかに見えた通商リスクが一気に再燃しましたね。発表後、ドル円、先物共に急落。また反発しようにも、いつ発火してもおかしくない状態が続きそうですね。

         

        ということで、一旦ポジション整理☆といっても、元々全力近かったのでまだまだ買いが大きい状態が続いてます。

         

        ハッピーだったのはALBERTが6,920円の本日最高値で売却できたこと( *´艸`)

        あとは月曜日に比較的上昇率が高かったソースネクストやダブルスタンダードを中心に、寄り付きで売れそうな価格に指しておきました。結果は↓を参照。

         

        仕事が8時スタートなので、寄りは確認できないんですよね、、、それが痛い。

         

        とはいえ、中国がこれを受けて報復をする、との報道が出ましたが反応はさほど。24日に160億ドルの追加関税が課されますが、そこまでは一進一退というか、反発もしつつ上値は重い展開かと想像します。

         

        ということで、明日も下げるようなら、今日と合わせて大きく下がった銘柄を中心に買い戻しを検討する予定です(^^)

        あくまで明日も下げたら、ですけどね(^^)v

         

        買い

        リミックスポイント 300株@1,022円

         

        売り

        ライクキッズネクスト 600株@1,333円

        ALBERT 100株@6,920円

        ダブルスタンダード 200株@3,140円

        セプテーニHLDGS 500株@225円

        ソースネクスト 700株@886円

         
        にほんブログ村

         

          本日の結果                          

         

        株式資産

         5,271,375円(-131,683円)


        現物保有株

        太陽工機(6164) 500株 2,845円(-115円)
        フィンテックグローバル(8789) 18,000株 77円(-2円)
        アイサンテクノロジー(4667) 300株 2,256円(-60円)
        リミックスポイント(3825) 100株 1,007円(-48円)


        信用買建株

        ライクキッズネクスト(6065) 1,900株 1,381円(+44円)
        ALBERT(3906) 200株 6,460円(-370円)
        セプテーニHLDGS(4293) 2,500株 228円(+6円)
        アプリックス(3727) 1,500株 251円(-8円)
        第一カッター興業(1716) 500株 2,400円(+5円)
        太陽工機(6164) 400株 2,845円(-115円)

         


        6月の工作機械受注高発表、好調維持も・・・

        0

          JUGEMテーマ:株・投資

           

          おはようございます。

           

          昨日も上げ基調からスタートしましたが、終わってみればマザーズは陰線マイナス引け。早くも失速、マザーズ限界説が…(;'∀')

          そんな状態なので、売買はなし。指値はしていますが、いつもの欲張り指値では約定しませんね。

           

          さて、昨日は先日予告した6月の工作機械受注高の速報値が発表されました。これにより、日本全体の工作機械の受注状況が見えます。

          予告編のブログはこちら→太陽工機、これを見てあなたは買う?売る?

           

          以下のグラフは6月の速報値を追加した工作機械受注高推移です。軸設定がおかしいですが、最新は6月のデータを示しています。

           

           

          昨年からの推移ではまだ高水準の受注を獲得できています

          また、まだ詳細は分かりませんが、外需が大きく回復しています。中国からの受注が前年度比で3か月連続減少していましたが、6月は回復しているかもしれませんね(^^)/

           

          ただ、4月の水準には至っていません。3,6,9,12月に来る受注の山を見ても、右肩上がりの展開からついに下落に転換しました。

          まぁ例年3月受注高が高すぎて、その反動減はある程度仕方ないと思いますが。今後も注視が必要です!

           

           

          イチ押しの関連株は、もちろん太陽工機

          将来展望は楽観→経過観察に引き下げられたような気がしますが、受注から売り上げ計上まで約半年強のタイムラグがあることを踏まえると、2Q、3Qあたりまでは期待できるものと考えます。

           

          2Qか3Q後の上方修正+増配の波はうまく乗りたいですね(^^)/

           

          買い

          なし

           

          売り

          なし

           
          にほんブログ村

           

            本日の結果                          

           

          株式資産

           5,403,058円(+34,672円)


          現物保有株

          太陽工機(6164) 500株 2,960円(+61円)
          フィンテックグローバル(8789) 18,000株 79円(-1円)
          アイサンテクノロジー(4667) 300株 2,316円(-6円)
          リミックスポイント(3825) 100株 1,055円(-3円)


          信用買建株

          ライクキッズネクスト(6065) 2,500株 1,337円(+5円)
          ダブルスタンダード(3925) 200株 3,180円(-130円)
          ALBERT(3906) 200株 6,830円(+270円)
          ソースネクスト(4344) 700株 901円(-27円)
          セプテーニHLDGS(4293) 3,000株 222円(+2円)
          アプリックス(3727) 1,500株 259円(-4円)
          第一カッター興業(1716) 500株 2,395円(-38円)
          太陽工機(6164) 400株 2,960円(+61円)

           


          エスクローAJ決算通過、厳しい反応

          0

            JUGEMテーマ:株・投資

             

            お疲れ様です!

             

            今日は金曜に続いて反発、強気投資が報われて7/2の水準まで資産が戻りました(;'∀')コワカッタゼ

            そんな本日の売買はなし!売りで指し値はたくさん置いておきましたが、欲張り指し値には流石に刺さりませんでした。

             

            ということで、今日はエスクローの決算の話だけ。ちょっと忙しいこともあり、簡単にしておきます。

            1Q決算、市況が出そろわず予想の材料が乏しいものの会社計画通りの進捗を予想した結果がこちら↓↓

             

             

            進捗はほぼ会社計画通りで若干売り上げが物足りないくらい。ですが、1Q決算としては前期比で▲25%と見栄えの悪い決算となってしまいました。

            PTSでは売り注文が先行し、21:40現在で-45円の388円です。ノンホルとしても、反応しすぎな感じはしますが、保守的予想からの成長決算を期待していた人からは失望されてしまいますよね。

             

            昨年、エスクローAJは通期で売上9.8%未達、純利益は26%未達でした。

            蛇足ですが、そんな決算でも下方修正は出されませんでした。下方修正の義務基準は売り上げの±10%の差異と、利益の±30%の差異がある場合です。確かに義務基準には達していませんが、説明責任は果たしてもらいたかったですね。

             

            そういった過去もあり、今期の会社計画も保守的であるという考えは捨てたほうがよさそうです。というのも、中期計画を2017年10月に発表しており、2020年までに売上を60億、経常利益を19億まで伸ばすとしています。

            発表した中期計画を達成するために、市況の悪い中でもチャレンジングな計画にせざるを得ない部分があるのではないかと思います。現状では、中計達成は難しいと考えてしまいます。

             

            ただ、ビジネス領域は今後も伸びそうな分野が多く、最近ではりそな銀行やイオン銀行へサービス提供のIRを発表し、着実に顧客を増やしている感じもします。

            銀行が再編の時期であり、コストカットを迫られている今、煩雑な事務手続きを外注にお願いできたらそうやって効率化する手もありだなと思ってしまいます。

             

            相続ビジネスや、インバウンド不動産投資を狙ったビジネスも的を射ていると感じています。

            IT重説による非対面不動産取引の需要拡大に関しては、行政の方が思ったように進捗していないようで残念ですが。。。

             

            さらに、信用倍率も面白い水準がしばらく続いています。現在は

            信用売残:1,841,300株

            信用買残:2,123,100株

            と拮抗していて、トレンドが変わったら一気に上昇することもあるのではないかと思っています。

             

            プラス面、マイナス面と色々とあるエスクローAJですが、個人的には今後もチェックを欠かさないようにしたいです。

            市況もわからず、業績も成長はしているものの伸び悩んでいる今は、あまり無理をせずに様子見を続けてますがね。

             

            あまりに押すようだったら拾うけど( *´艸`)

            では、また明日('ω')ノナガクナッタナ

             

            買い

            なし

             

            売り

            なし

             
            にほんブログ村

             

              本日の結果                          

             

            株式資産

             5,368,386円(+353,426円)


            現物保有株

            太陽工機(6164) 500株 2,899円(+50円)
            フィンテックグローバル(8789) 18,000株 80円(+1円)
            アイサンテクノロジー(4667) 300株 2,322円(+54円)
            リミックスポイント(3825) 100株 1,058円(-22円)


            信用買建株

            ライクキッズネクスト(6065) 2,500株 1,332円(+1円)
            ダブルスタンダード(3925) 200株 3,310円(+401円)
            ALBERT(3906) 200株 6,560円(+280円)
            ソースネクスト(4344) 700株 928円(+69円)
            セプテーニHLDGS(4293) 3,000株 220円(+9円)
            アプリックス(3727) 1,500株 263円(+6円)
            第一カッター興業(1716) 500株 2,433円(+109円)
            太陽工機(6164) 400株 2,899円(+50円)

             


            | 1/49PAGES | >>