calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

categories

archives

バイブル本

エスクローAJの切り札、『IT重説』の売買解禁はいつ??

0

     

    こんばんわ

     

    今日も、昨日に続いてエスクローAJ(6093)に関連する情報を少し。

     

     

    『IT重説』の社会実験の進捗は?

     

    国交省では、ある規制緩和についての議論が数年前から行われています。

    通称、『IT重説』と呼ばれるサービスです。

     

    『IT重説』とは、今まで必ず対面で有資格者から説明を受けなければならなかった重要事項説明書、

    これをネットワーク経由で、テレビ電話を通じて説明を受けても良い、とする規制緩和です。

    これにより、対面だけに限られる工程がなくなり、ネットワーク上ですべての取引を完了させることができます。

     

    IT重説は、既に今年の10月に、賃貸向けでは実施されています。

    それは、2015年8月から2017年2月まで行われた1,000件を超える社会実験で、大きな問題が起きなかったこと、顧客満足度も一定程度得られ、利便性が高まることが立証できたためです。

     

    しかし、売買向けに関しては、思うように社会実験が進まず、同期間で数件程度でした。

     

     

    それもそのはず、社会実験をするうえで、実施企業を募り、300社を超える業者が登録しましたが、実質的に社会実験の中で実施できたのはほとんどが3社の取引で、その3社は賃貸を多く扱う業者であったためです。

     

    そこで、賃貸向けは先行的に規制緩和し、売買向けの企業を募り、再度社会実験を開始しました。

     

    しかし、その進捗は思うように伸びていないように見えます。

     

    今年の2月まで、社会実験の結果は、毎月国交省のHPに更新されてきました。

    しかし、売買向けの新たな社会実験が開始された今年の8月から、12月20日ま1回も更新されず、ようやく更新された12月20日には、進捗状況ではなく、新たな社会実験に登録する企業の募集を開始する告知でした。

     

     

    『IT重説』とエスクローAJ、影響は・・・

     

    一方、この『IT重説』がエスクローAJに及ぼす影響はどうなのでしょうか?

     

    エスクローAJは、決算説明資料でもう長いこと『ネット不動産取引』、に対する戦略を公言してきています。

     

    元々、エスクローとは、第三者の仲介により取引を保証するサービスです。

    ネットワーク上で取引が完結する場合、相手への信頼性が重要になり、個人間取引などになると仲介するエスクローサービスが必須になります。

     

    また、エスクローAJは、非対面の決済サービスであるH'OURSや、PC上で署名ができる電子署名サービスなどを手掛けています。

     

    まさに、ドストライクな規制緩和なわけです。

     

    しかしながら、エスクローAJは今のところ売買の専門業者で、賃貸に関しては手を出していません。

    今年の2月の規制緩和決定では、売買も含めた規制緩和が期待されていましたが、売買は先延ばしになってしまいました。

     

    その進捗が、いまいちよくなさそう、というのが今の状態であります。

     

    業績にマイナス寄与するようなことはありませんが、大きく飛躍しそうな規制緩和だけに、早いこと実施されることが期待されます。

     

     

     


    7-9月期の住宅ローン新規貸出金額は前期比で-18.4%

    0

      JUGEMテーマ:株・投資

       

      こんばんわ。

       

      昨日の結果と共に、私のメイン取引銘柄のエスクローAJ(6093)に関わる市況について、ご報告します。

      予想通りの結果ではありますが、住宅ローン市場は今停滞気味ですね。。。

       

      住宅ローン契約金額の減少

       

      住宅ローンの契約数が、前期に比べて大きく落ち込んでいます。

       

      2016年度

      4-6月期 40,679億円

      7-9月期 45,432億円

      10-12月期 39,330億円

      1-3月期 46,519億円

       

      2017年度

      4-6月期 33,802億円(前期比-16.9%)

      7-9月期 37,079億円(前期比-18.4%)

      ※住宅金融支援機構より引用

       

      昨年1月、住宅ローン金利は、日銀のマイナス金利を受けて大きく下がりました。

      それを機に、今まで借りていた住宅ローンを借り換える借り換え特需が昨年は大きく住宅ローン契約数、金額を伸ばしました。

       

       

      1-3月はまだ調子よかったのですが、2017年度に入ってから20%弱の落ち込み、大きく落ちています。

      金利は少し戻したものの、依然低い状態が続いています。

      一方で、マンション価格の高止まりによる買い控えや、借り換えが必要な人が済ませてしまい、借り換え需要が減ったことなどが原因と考えられます。

       

      エスクローAJの3Q決算予想
       

      エスクローAJは、住宅ローンにかかる事務作業を請け負うBPO事業と、取引保証などのシステム提供を行うエスクローサービスが主力事業になります。

      1Qは新たな事業セグメントとして独立した不動産オークション事業がその2つの事業に肩を並べましたが、2Qの決算ではほとんど売り上げを出せず、期待先行していた株価は大きく下落をしてしまいました。

       

       

      とはいえ、年々すごい勢いで業績を伸ばしているエスクローAJ、株価は戻し始めた、、、かに思えましたが、直近また下落してしまっています。

      私は、この株価の下落は、住宅ローン契約金額の減少が、エスクローAJの業績にマイナスだという思惑から来ているものだと考えます。

       

       

      エスクローAJの2Qの結果は、4-6月期の減少を織り込んでいます。

      BPO事業は前期と比べて、

      売上 397百万→330百万(-16.9%)

      利益 122百万→77百万(-36.9%)

      ※利益は決算短信のセグメント利益です。営業利益ではありません。

       

      うーん、4-6月期の住宅ローン契約金額の減少値と売り上げが面白いほど一致しましたね

       

       

      では、今期の業績予想はどう予想されるのか、みてみます。

       

      今期の期末決算の予想は

      売上 3,277百万

      営利 928百万

      純利 647百万

       

      現在の2Qまでの業績は

      売上 1,630百万

      営利 508百万

      純利 367百万

       

      となっています。

       

      エスクロー事業は、オークション事業が切り離されたこともありますが、前期比で微減が続いているため、3Qは280百万程度の売り上げと、220百万程度のセグメント利益を予想します。

       

      BPO事業は、売り上げが前期比で18.4%減ることを想定すると、売上320百万、セグメント利益80百万程度を予想します。

       

      問題は、不動産オークション事業。

      読めません。

      これが1Qのように大きく伸びれば進捗も好転し、株価も戻るでしょう。

      1Qと2Qで大きく差があるため、この予想の意味もあまりないですが、間を取って売上180百万、セグメント利益70百万程度とします。

       

      セグメント利益から営業利益への換算は、過去の数値を用いて55%とします。

       

      このいろんな所がつたない予想のもとでは、3Q決算は

      売上 2,430百万

      営利 711百万

       

      uuum...

       

      今期の業績予想通りの推移という結果ですね。

      それで株価がどう動くか、、、大きく上昇、とはならないでしょうね。

       

      さて、こんな予想が当たるかどうか、来月の決算をいろんな意味で楽しみにしておきます。

       


      にほんブログ村

       

       

      昨日の結果

       

      株式資産

       8,040,239円(-95,424円)


      現物保有株

      エスクローAJ(6093) 4,500株 559円(-16円)
      ビリングシステム(3623) 200株 14,760円(-550円)
      太陽工機(6164) 300株 3,200円(+25円)


      信用買建株

      フュートレック(2468) 1,500株 797円(+8円)
      トーセ(4728) 300株 2,180円(+62円)

       

      信用売建株

      エスクローAJ(6093) 3,000株 559円(-16円)

       

      優待クロス取引株

      すかいらーく(3197) 1,000株

       

       


      | 1/1PAGES |