本日は先日打診買いをしたカネヨウについて軽くコメントしますワッ!人影

 

そもそもカネヨウに興味を持ったのは今回の四季報の内容が良かったからぴかぴか

 

まず、今探しているのは2,3年で4,5倍が狙えそうな長期で持ちたい新興株。エスクローAJ(6093)の後釜です。

 

業績予想が堅調な伸びを示していることを目安にしてますが、カネヨウ(3209)は今回の四季報での評価が上々です。営業利益で言うと、16年3月期が44百万、17年3月期が160百万という実績があり、18年3月期の四季報予想は200百万、さらに19年3月期は330百万と大きな伸びを予想しています。

 

その点株価はどうかというと、PER9.0(対四季報予想純利益)と一桁台の水準であり、2年前から高値2倍を一度付けたくらいで、現在の株価は順調とは言えません。

 

時価総額は22億円と、業績が順調に伸びれば数倍も短期間(1,2年)で狙えるレベルと考えます。

ってことで、もっと詳しく見ていきましょう見る

 

本業、というかほぼこれが全てですが、羽毛、羊毛を中心とした卸売業をやっています。一部加工品も扱っていますね。卸売業なので仕方ないが、営業利益率が2%程度というのがネックです。

卸売業の業界平均PERは12だそうで、四季報時点ではPER9.0(対四季報予想純利益)でしたが、現在(10/1)ではPER11.7(対会社予想純利益)とすでに卸売業として割安だと胸を張って言える状態ではないですね。

 

uuum、、、厳しいかショック?

 

業績の伸びが今後も続くと思われるかどうか。

会社業績予想は四季報予想より控えめです。昨年は上方修正の実績もあり、そういった点では保守的な会社予想な可能性もあり、今年の上方修正も期待できるかもしれません。

 

ただ、羽毛、羊毛の卸売業というところから、トレンドが大きく変わって大きな伸びを見せることは厳しいでしょう。

 

続いて財務。

自己資本比率は30%であまりいい状態とは言えません。ただし、キャッシュフローは非常に良い状態で、営業CFを確実に確保しながら、財務CFをこなしており、自己資本比率は改善傾向にあります。業績が落ち込まない限り、財務の過度な心配は無用でしょう。

 

困ったことに、IR資料が乏しく、さらなる今後の展開に大きく期待できる情報は得られませんでした。中期経営計画が2017年3月期~2019年3月期まで出ていますが、その達成目標は既に達成済みであり、現状維持を目標にしている感もあります。
 

株価的にはまだ上昇の余地はあると思いますが、ここから1年で2倍、というような水準は達成できないと思います。また、企業自体に大きな野望が見られないこと、配当金もなく、株主優待は1000株で1000円分のクオカードで利回り0.7%程度。

 

 

・・

 

・・・

 

 

ちょっと厳しいかな( ˘ω˘ )

 

今の持ち株は損切りするのもなんなので、もう少し持ちますがこれ以上資金を投入すると拘束されそうなんでやめとくことにします!

上がるといいですけどねるんるん

 

 

↓↓↓押してくれたら結構ガチで喜びます( *´艸`)

 


にほんブログ村

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)