おはようございますおてんき
 
天気はくもり、気分もくもりでございます!
その理由は、昨日のエスクローAJ(6093)の決算ビル
今は1900株保有しているため600万円以上の投資をしておりますお金お金お金
決算次第で資産は大幅拡大、縮小にも転じますが、その結果は!?
2018年2月期2Q決算
売り上げ 16.3億(前期比+24.4%)
営業利益 5.08億(前期比+47.3%)
経常利益 5.25億(前期比+52.6%)
純利益  3.67億(前期比+73.7%)
素晴らしいですよねぴかぴか
さらに、
①AIを活用した不動産データサービス事業の開始
②11/30付けで1/5の株式分割
③中期経営計画「Build UP 2020」の発表
IR続々です。
中計の内容を見ていきましょう見る
2019年2月期~2021年2月期までの3か年計画です。
スローガンは「Build up 2020」
今期までの中期計画のスローガンが「Start up 2017」
成長段階への突入を宣言ですね
業績目標は
2021年2月期で
売り上げ 60億以上(今期32.7億予想)
経常利益 19億以上(今期9.2億予想)
ROE 25%以上
売り上げ、利益ともに2倍成長目標です。
まぁ現在の成長率を考えると無難、といったところでしょうか。
もちろん、3年で2倍はすごいことです。
年率で言うと毎年26%成長といったところ。
この会社は業績予想が保守的なところもあるので、堅実にいけばクリアしてくれることでしょう。
これらの結果を受けた私の印象は・・・
少し物足りなかったですね~
贅沢なのはわかるんですがショック
何より一番気になっていた不動産オークション事業の実績。
セグメント別でみると以下のようになります。
エスクロー事業
1Q 売上2.78億 営利2.43億
2Q 売上2.55億 営利2.20億
BPO事業
1Q 売上3.89億 営利1.12億
2Q 売上3.30億 営利0.77億
不動産オークション事業
1Q 売上3.38億 営利1.58億
2Q 売上0.40億 営利▲0.05億
いずれの事業も2Qは失速しておりますが、不動産オークションの実績はひどいですね。
そもそも1Qで急に売り上げ伸びた事業なので、ただの特需があっただけなのではないか、という線が濃厚になります。
ただ、一応決算書には
『一部案件の協議及び調整が第3四半期以降にずれ込むこととなりました。』
としてあります。
いずれにしろ、失速感は否めなですが。
そういったことをひっくるめて、PTS夜間取引では-200円の値段をつけて終わりました。
まぁ3年で2倍成長を、しかも達成見込みがある数値ですからそこまで暴落とはならないでしょうが、
一旦調整の時期が来そうですね。
自分も期待していただけに残念ですが、現物株は保有継続、信用株は様子を見ながら決めていきます楽しい

資産

 資産 8,300,144円(+360,875円)

 

現物株

銘柄 持株数 株価
エスクローAJ(6093) 1400株 3520円(+100円)
ビリングシステム(3623) 200株 7610円(-160円)
太陽工機(6164) 500株 2470円(+37円)
ティーライフ(3172) 100株 1397円(+1円)
カネヨウ(3209) 2000株 165円(-2円)

 

信用株

銘柄 持株数 株価
ユナイテッド(2497) 500株 3105円(+70円)
アエリア(3758) 2000株 2078円(+77円)
エスクローAJ(6093) 500株 3520円(+100円)

 

 

↓↓↓押してくれたら結構ガチで喜びます( *´艸`)

 

にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)