JUGEMテーマ:株・投資

 

こんばんわ月

 

各地から続々と決算が出ています。

大手企業の業績が次々と順調であることから、資金が日経平均に選ばれるような企業にばかり集中しています。

 

だもんで、日経平均に含まれる銘柄を一つも持っていないわたくしの資産は伸び悩みが続いてますね~

 

持ち株に関しては特にコメントないですが、(爆)

本日のIRで気になるのはブイキューブ(3681)

 この会社についてちょっと紹介します。

 

10/31に子会社のアイスタディ(2345)で業績予想の修正がありました。

その内容は、売上は6.4億→7.5億へ上昇するも、純利益は27百万→23百万への微減となります。

アイスタディは、eラーニングやビデオソリューションなど、企業研修向けのサービスを多く手掛けています。

その売り上げが好調であり、営業利益も増加見込みではあるが、人材や販促に投資をしたため純利益は微減となるそうです。

 

前期と前々期は赤字であり、このままいけばようやく待望の黒字化となります。

1Q→2Q→3Qと徐々に改善してとんとんまできているので、期待できますね。

そんなアイスタディの時価総額は27億円。

企業研修などはこれから面白いテーマであると思いますが、ぐんと伸びる市場でもないため人気はありませんね。

 

さてさて、そんな子会社を持つブイキューブ自身は、というと、

こちらはWeb会議システム等を中心に働き方改革という国策に則り、テレワークなどのサービスを手掛ける会社です。

テレビ電話みたいな映像システムに強く、今年10月から解禁されたIT重説でも利用されています。

ここ最近の決算内容は以下のようになっています。

 

 

前期は営業利益もかなり落ち込み、さらに減損損失や為替差損を計上したため大幅赤字。

今期もソフトウェアの減損損失を429百万を計上して大幅赤字となっています。

現在は利益体質改善の構造改革断行中ということもあり、ある程度の減損損失計上は仕方ありませんが、営業利益も大幅赤字で状態は良くありませんね。

 

とはいえ、営業CFは改善傾向にあるため、今期もそこは期待できるかもしれません。

ただ、投資CFがかなり大きく、フリーキャッシュフローは5年連続マイナス。

構造改革により、コストカットはだいぶ進んでいるようですが、今期もマイナスは続くでしょう。

 

そんな中、本日出されたIRには、

『当社は当事業年度において、コストダウン、事業再編、PMI の加速を主軸とした構造改革 に取り組んでおります。今般この構造改革を一段進める過程で、当社の保有する資産の会 計処理について監査法人と協議を行っており相応の時間を要することが予想されるに至っ たため、当社はこの協議に要する時間を考慮し、当初の決算発表日を延期するものであり ます。 』

 

う~~む、なんでしょうね。

できることなら膿は全て今期に出し切って、来期からいい数値が並ぶようにしてほしいものですが、

そういったところで監査法人と見解が分かれるとかそういった感じでしょうか?

推測しかできませんが、少なくともあまりいいニュースではありません。

 

3Q決算でまた一段失望される可能性がある中、来期からの挽回に期待して、3Q後落ちたところでうまく拾えればいいな、と妄想しています。

とりあえず、決算待ちですね。

 

テレキューブとか、正直必要か?とか思ってしまいますが、

今後Web会議やテレワークが広まることが期待される中、今の低迷期に投資するのはちょうどいいのではないかと監視をしております。

 

資産

 資産 6,877,164円(-69,016円)

 

現物株

銘柄 持株数 株価
エスクローAJ(6093) 1400株 2930円(+14円)
ビリングシステム(3623) 200株 6980円(-160円)
太陽工機(6164) 300株 2987円(-3円)
ティーライフ(3172) 100株 1428円(+16円)

 

信用株

銘柄 持株数 株価
アエリア(3758) 1600株 1814円(-28円)

 

↓↓↓押してくれたら結構ガチで喜びます( *´艸`)

にほんブログ村

JUGEMテーマ:株・投資

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)