JUGEMテーマ:株・投資

 

お疲れ様ですおばけ

 

今日は北、自動車関税、原油高の3つのリスクのうち、北と原油高に回復の兆しが見え、地合いも好転するかと思いましたが、意外に弱く、ここ数日の下げを全然取り戻せませんでしたね豚

 

3つのリスクが顕在化して金曜に大幅リスクオフした私にとっては、まぁ良かったですがびっくり汗

 

そんな今日の売買は、買い増しと買戻しリサイクル

ライクキッズネクストを500株@1,130円で購入し、太陽工機を300株@平均3,350円弱で購入しましたぴかぴか

もっと買ってもいいかと思いましたが、思ったより弱かったため、無理せず安値指しにしておきましたグッド

 

  フィンテックG、見通し発表   

 

話は変わって、本日、フィンテックGから以下のIRが3つ出ました。

 

・行使価格修正条項付き第18回新株予約券(第三者割当)の大量行使に関するお知らせ

・株式会社ムーミン物語の増資目標金額の達成、およびメッツァ開業準備の状況に関するお知らせ

・2018年9月連結業績予想、配当予想及び今後3年間の計計画に関するお知らせ

 

簡単に紹介します楽しい

 

一番上はそのまま、増資の大量行使について。

フィンテックGでは、今年の1月からメッツァ開業に向けた資金集めとして第三者割当を行っています。

 

そして、2番目がその増資の結果、株式会社ムーミン物語の目標金額の達成見込みがたったというお知らせです。

ムーミン物語は、フィンテックGとフィンランドの会社が設立した日本のムーミンテーマパークに関する独占的ライセンス契約を持つ企業です。

 

17年末時点で12億であった資本金から、本日の開示までで合計11.1億の増資となっており、目標の25億に対してあと1.9億円となりました。

その25億の目標が、6月中に達成される見通しが立ったというIRでした。

 

ただ、今期中はまだ増資を続ける意向で、30億まで増資するつもりのようです。

そうすると、あと6億円の増資、それによるフィンテックGの株式希薄化率は3%強となります。

増資に次ぐ増資で、長期組は嫌気が指していることと思います。。。

 

一方、メッツァの工事施工状況はというと、、、順調そうです拍手

以前から出ている情報ですが、無料ゾーンのメッツァビレッジは今年の11月にグランドオープン、有料のムーミンバレーパーク19年3月に開業予定です。

2015年から気になっている私にとっては、いよいよ、って感じがしてきていますびっくり

 

最後に、3番目のIRが今期の業績予想と、2020年までの業績計画になります。

今期の業績予想がこちら。

 

 

うん、安定の大赤字ですw

まぁ、この辺の内容はもう市場も不感症ですので気にしません。

 

それよりもこちら、今後3年間の経営計画です。

 

 

今期はもちろん大赤字ですが、メッツァ開業の2019年は黒字化、そして2020年はそこから経常利益8倍強の26億を計画しています!

まぁ、これに関してはこれ以上煽るつもりはありません冷や汗

正直眉唾物ですので、市場の反応もあまり期待できないものと考えます。

 

2016年に一度、テーマパーク事業の規模と売り上げなどを比較してみたのですが、こんなにうまくいくとは中々思えなかった気がします嬉しい

レゴランドの失敗の記憶も新しく、疑問視する人も多いのではないでしょうか。

 

それならなぜ持っているかって?

それは業績期待ではなく、テーマパーク開園に対する思惑で一相場形成されると思っているからです!

 

今後も安値で買い増しを続けていこうと思っています。

 

ではでは。

 

down押してくれたらガチで喜びます( *´艸`)down



にほんブログ村

 

  本日の結果                         

 

株式資産

 4,580,087円 (+59,213円)



現物保有株

太陽工機(6164) 400株 3,400円(0円)
フィンテックグローバル(8789) 5,000株 89円(0円)
アイサンテクノロジー(4667) 300株 2,774円(-49円)



信用買建株

ライクキッズネクスト(6065) 2,500株 1,135円(+43円)
アプリックス(3727) 1,300株 298円(-1円)
ダブルスタンダード(3925) 200株 3,475円(-85円)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)