おはようございます🌄

朝upが定番化してきちゃってる…😱

結果だけでも昨日のうちに上げとけるようにしないとな😅

昨日の値動きと売買

さて、今日の本題の前に、昨日の売買に関して。

一昨日、場中に決算がでてぶん投げた(昨日のブログで掲載)リネットジャパン(3556)、今日まさかのS高でした💦

悔しい~(≧口≦)ノ

納得のぶん投げじゃなく、イマイチ決算内容の良し悪しが飲み込めなかったぶん投げなので、余計に自分に憤りを感じます😵

ただ、まだちゃんと整理してないので追撃はしません🙃(はよせーや✋)

 

一方、一昨日寄らなかったダブルスタンダード(3925)は、寄りこそ終値スタートだったものの、S高間近の4,885円(+655円、+15.48%)まで上昇してくれました✨大感謝‼️

 

最後に、増し分のALBERT(3906)を一旦売って(多分またすぐ買う)、下げ幅拡大のアイサンテクノロジー(4667)をナンピンしてみて昨日の取引は終了です。

8月の優待クロス銘柄

では、本題の優待クロス銘柄の紹介です。楽天証券の一般信用が可能な銘柄のうち、利益額(利回りも)が高そうな銘柄をピックアップしました。

今回から、画像でまとめてるエクセルを直接紹介します(^^)

“信用売建費”は、昨日の終値と、優待取得に必要な株式数を掛け合わせた金額で、一般信用で両建てするには相当分の現物費も必要です。

“売買手数料”は、取引手数料です。現物買いも、一度信用取引で購入したのち、現引きすることで手数料を安く抑えることができます。

“貸株金利”は、売り建てすることで日々かかる金利の1日分の金額です。これに、権利獲得後の受け渡し日までの“貸出日数”をかけ合わせることで一般信用取引にかかる総額の手数料を算出できます。

“優待価値”は、優待金額から一部補正の入った優待価値を示しています。基本的に現金同様の扱いができたり、チェーンの飲食店で使用できるものは優待額そのものをいれています。それ以外の、飲食以外の割引券や優待券などは、フリマアプリを活用して売却できる値段を元に算出しています。

“利益額”“利回り”は、14日間(最大)の貸株金利を想定していますので、金額の大きい優待はかなり額、利回りがともに下がってしまいます。
ただ、人気の高い優待は一般信用の売り出しが開始されてから数分、数秒で売り切れてしまうので、確実に取るならこの金額になりますね。

 

8月はそれほど大きな利益は見込めそうにありませんが、余力が多くあるので積極的に取っていきたいと思っています(*´ω`*)

楽天信用の一般信用売り出し開始は本日の19時です。

結果は今晩のブログにて(^^)/


にほんブログ村
☝たまには押してね(*´ω`*)

買い
アイサンテクノロジー 200株@2,213円

売り
ALBERT 200株@8,020円

総資産
6,611,936円(前日比+85,912円)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)