こんばんわ、かんたです😁

今日は先端技術動向の収集を兼ねてCEATEC JAPAN 2018に参加してきました✌️

内容はやはり自動運転とIoT関連が多かったですが、思ったより少なかったのはAI系でしたね🤔もちろん中の人として動いていたり、AIoTなどもありましたが、全面に押し出されてたのはIoTでした🔃

色々見ましたが、ここでは投資、株関連のとこを軽く紹介します😁

カブドットコム証券

まずはカブドットコム証券。面白かったのは2つ、VRトレーディングツールと、ニュース分析ツールでした👀

VRトレーディングツールは、VRを使うことで360度全ての空間に情報を表示出来るというもの。分かりづらいですが、VRで見える景色は上のディスプレイです📺

黒い背景のなかに板情報やチャートがいっぱい浮かんでる感じで、自由に配置換えも可能でした😁

ただ、操作性は良くないというか、慣れないとかなり難しいので誤発注しちゃいそうですが笑笑

 

もうひとつは、決算短信やWebニュースをAIが即時解析して、ものの1分でまとめ情報や、関連銘柄へのポジティブ情報、ネガティブ情報として示してくれる分析ツールです😗

専業じゃなきゃ使いこなせませんが、面白いなと思いました😁

結局アルゴにスピードでは勝てませんがね😅

 

翻訳関連

翻訳もやっぱり結構面白いテーマだな、と改めて思いました🤔

翻訳関連でブースを見つけたのはNICTとロゼッタくらいですが、NICTブースには今の翻訳ツールに関するポスターがありました。

「ili」を展開するログバーは、フュートレックの連結子会社です。

以前はソースネクストにフュートレックも持っていましたが、どちらも芽が出る前に手放してしまいました💦

 

フュートレックは今月全体の40%にあたる株式のTOBを受けており、その価格が770円なので鞘寄せとして700円前後で固まった値動きになっています。

TOBは松井証券なので(口座持ってない)参加は出来ませんが、TOB後に下がったところで行ってみますかね🙄

いかんせん業績が中々実を結ばないんですよねー💦一年くらい前でしょうか、WBSにて、雑音時も特定の声を識別して抽出してクリアに聞こえるようになるシステム、の紹介がありましたが、あまりクリアには聞こえない印象を持ちました😅

そういうところも、実際の業績に繋がってるのかなと思うと中々手が出ないでいます。

ソースネクストは直前に手放して、もう羨ましいとしか言えないし🤢

 

一方ロゼッタは音声翻訳ではなく、ドキュメントの翻訳です。2,000種に及ぶ専門分野ごとに特化した翻訳ができることが強みで、元のレイアウトなんかも残したまま翻訳することができます。

さらに、所望の翻訳と異なる場合は自分で修正して「登録」すると、AIが学習して今後の翻訳に反映してくれるという。

うちの会社にぜひとも導入してほしいwww

 

蓄電池関連

最後は蓄電池関連銘柄についてです🙄EV化のために欠かせない技術ですよね🤔

太陽誘電には全個体電池の展示も期待しましたが、残念ながらセンサーに特化したブースで、電池に関してはありませんでした。。。

と思ったら、帰りに調べてみたらあるではないか!!!

しまった、見落としてしまいました

 

もうひとつはニチコン、EV向けの蓄電池を前面に押し出しており、少し興味を持ちましたね。ただ、実際に電池の性能なんかはてんでわからないので難しいところです。。。

 

 

本日の売買

今日は待ち時間などでざら場もよく見れたのでいくつか買っちゃいました😎

売りは無しです✋

エスプール、癖は良くないですね😅

平山HDは10/10に底売りしましたが、配当性向の大幅upを受けて買戻しです。これで大きく下がるともう触りたくなくなっちゃうんだよな( ;∀;)

買い
エスプール 500株@1,759円
レントラックス 300株@1,139円
平山HD 300株@3,070円

総資産
9,221,044円(-20,093円)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)