ども、かんたです😎🍹

今日は平山ホールディングス(7781)について、IRに確認して分かったことと、それを踏まえた決算に関しての私見を述べたいと思います🤔

しばらくはお付き合いはしていく銘柄だと思うので、情報は徐々にアップデートかけていくつもりです😗

そもそも平山なんて興味ないとか言わないの😳

※所詮損切りホルダーの戯言ですので、内容は保証するものではありません

平山ホールディングスの1Q決算

11/14に1Q決算を迎えましたので、まずはその短信を載せときます(゚Д゚)ノ⌒📄

 

54%の大幅増収と、▲66%の大幅営業減益との結果で、翌日株価は一時(寄り)S安となりました🙄この決算なら、S安も想定内の動きではありました。

市場がどう期待していたかは分かりませんが、個人的には損益分岐点を超えたところからもう一段の売り上げ増加により、利益の大幅UP(80百万~100百万くらい)を期待していました。

予想は大きく外れ、営業利益7百万。残念です。

 

さて、気持ちを切り替えて、今後の継続投資を判断するうえで大事なのは、増収と減益の要因です。どちらも持続性の有無(一時的要因かどうか)が重要な判断材料ですね。

増収の要因は

  1. FUNtoFUN株式会社の子会社化
  2. インソーシング・派遣事業に関し受注が引き続き堅調に推移

減益の理由は

  1. FUNtoFUN株式会社ののれん償却費の計上
  2. 前四半期に比べ稼働日数の減少
  3. IoT人材の積極的採用

としています🤔

増収の内容は一時的要因ではなく、今後も伸びが期待できるため良いものと捉えています。一方減益の理由はどうでしょうか。セグメント業績とも照らし合わせると、少し疑問が湧いてきます。

それをIRに確認したので、記録がてら紹介します😁

疑問:セグメント増益って何でよ?

疑問は、海外事業を除いてセグメント増益している点です☝️まぁ海外事業が7百万減益したことは極めて大きな要因ですが、そこは致し方なし。

 

減益理由は先に挙げた通りの3つ。

i.のれん償却費に関してはセグメント利益に既に計上済み(下の赤線部)。

ii.稼働日数の減少は、売上に響くものですので、当然セグメント売上・利益に計上されるべきものです。

 

上記2つが既にセグメント利益に計上されており、それでもなおセグメント増益を達成している、にもかかわらず営業減益となった理由iii.IoT人材費なのかな、と思いました。

 

ところが・・・

IR担当「違います、人材確保も影響はしていますが、稼働日数の減少が大きな要因です。」

私「・・・ふぁッ!?」

私にとっては謎回答でした😱

実際は仕事終わりにIRに電話をしてる関係でIR担当者と直接会話できてなく、都度代表に事づてをお願いしてます🙏かなり面倒なやり取りが続きましたがこれも兼業の性😥それでもとても親切に対応して頂いたのは感謝しています😊

 

セグメント増益理由は短信に載せなくても良い「調整費」

想定外の回答に混乱しましたが、追加で確認して以下のコメントをもらいました。

「実質的にセグメント利益も減益」

だそうです。

 

決算報告書には以下の記載があります。

ここで記載されてる調整額▲250,960千円(前期は▲201,040千円)の上昇により、営業減益となっています。

「調整額が、決算短信には記載しなくても良い内容であるため、セグメント利益は見かけ上増益に見える」

とのことです。

 

この調整額の実態は聞けませんでしたが、iii.IoT人材費は入ってるでしょう🤔

ただ、それだけであれば減益の大きな理由がiii.IoT人材費になってしまいます😰1点私の頭から抜けていた点ですが、これが減益の原因にならないとすると、FUNtoFUN株式会社が抱える一般管理費である、ということが考えられます。※憶測ですが、これで辻褄が合います🙄

FUNtoFUN株式会社の会計は一般管理費が大きく見かけ上セグメント増益を生み出しやすいもの、と判断しました😅

 

稼働日数の減少は季節性のもの

つたない文章をここまで読んでくださってありがとうございます🙏

今回のIRに確認したことで得られたのはもう一つ、

「稼働日数の減少は季節性のもの」

であるということです。IR担当の方から、2Qはその要因が消えて利益率も改善する見込み、との見解を頂きました😁

これはポジティブな内容ですね👏

ただ、のれん償却費とIoT人材費に関しては継続的に利益圧迫していくと思われます。そこは注意が必要⚠

IoT人材の採用人数なども確認してみましたが、回答は得られず。

見えていない部分も含めて、トータル的に判断していく必要がありますね。

 

ただ、決算前には配当性向の向上、本日には自社株買いの発表もあり、株主還元を強く感じられます🤗こういった会社は長く保有して恩恵を受けていきたいですよね✨

本日の売買

買い
なし

売り
なし

総資産
7,920,161円(+253,466円)

2件のコメント

  1. 分かりやすいまとめありがとうございます。
    IRの問い合わせもとても参考になりました。
    FUNの販管費が高いのは僕もそう思います。

    また僕が気になったのはのれんの償却費でした。1Qで2800万増えてます。
    通期で1億以上の償却。確かFUNの買収時発表の利益は6千万ですから約数千万の減益要因になるはずです。
    のれん代から考えて5年償却なのでかなり強気に償却してるなぁという印象受けました。にも関わらず40%以上の増収増益ですから相当業績に自信があるのだと思います。

    成長性に加え、時価総額、割安性、配当性向、などから考えてかなり大化け感を期待しています!

    ヤマヒマン
    1. コメントありがとうございます(^^)

      なるほどなるほど、コメントすごく参考になります
      5年償却確かに強気ですね
      利益圧迫大きいなぁと思ってしまいましたが、そういう風に考えるとポジティブに捉えられますね✨

      板が薄くてボラが大きいので一回分割もお願いしたいです
      期待しましょう✌️

      kabukanta

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)