こんばんわー、かんたです🙂

ライクキッズネクスト(6065)が引き続き強さを魅せてます❗

12/10に決算を迎えるので、改めて決算予想をしてみました😁なお、前回決算予想は一時金を読み切れずに外してしまいましたが😅

ライクキッズの1Qの営業増益に関しては以下で触れてますのでご参考👇

ライクキッズネクストの1Q決算について、IRに確認して分かったこと

予想値算出の前提

補助金額

さて、来月10日の決算ですが、2Qは認可保育園の開設が1件のみなので、補助金収入は1億弱程度の見込みです🤔

補助金収入によって決算がガラリと変わる保育園ビジネスでは、まずはここが大きなポイントになります💡

補助金抜かした実力値

上の記事では1Qの一時金は昨年と同じ2億と見積もって、一時金(補助金)を抜かした純粋な今期の営業利益は300百万を超えると試算しています(´∀`∩)↑age↑

そうすっと前記からの純粋な営業利益は

前期

1Q 180百万

2Q 160百万

3Q 200百万

4Q 260百万

今期

1Q 380百万

と、なぜか今期大きく急伸してることになります🙂それはそれで嬉しいのだけれど、前期補助金が前前期から大きく増えていることを考えると、一時金も増えていると考えたほうが良さそう🤔

と言うことで、今期の一時金は3億程度で、純粋な営業利益は前期4Qと同程度の280百万と仮定することにしました❗

その辺は2Qの結果を見るとより明らかになるかと☺️

 

なお、4月に保育園開設が多くあることを考えると、前期の4Qに営業利益が伸びていることは納得できるものです😸

 

今期2Qの決算予想

さて、それを踏まえて今期の2Q決算はというと、、、

売上 10,400百万(前期比+23.6%)

営業利益 810百万(同+94.7%)

経常利益 900百万(同▲6.1%)

純利益 600百万(同▲4.7%)

大胆予想します❗

認可保育園開設1件あたり、追加の営業費用は30百万程度、補助金収入が90百万とするとこんな感じですかね🤔

売上は、1Qの売上に開設した保育園や、受託保育の上乗せ分を150百万ほど追加したもの。

営業利益は、1Qの営業利益(579百万)+実力値(控え目に260百万)+保育園開設費(▲30百万)としています。

経常利益は、営業利益+補助金(認可保育園1件分の90百万程度)。

純利益は、経常利益の2/3。

と試算しています😀

1Qは大きく予想を外したので今回は当てたいですが、当てるべきは決算よりも株価ですよね😳

 

株価予想は…

株価は分かりません😭

もっとずっと高値に推移しててもいいと思ってるんですが、、、

前期の1Q決算で株価が反応したことを考えると、補助金に頼った経常増益よりも、営業増益の方が継続的な安心感がありそうな気はします🙄

ただ、実際は4Qで営業利益が削られますが😌

 

ま、結果的には上方修正で終わると信じていますので、株価が低迷している限りはガチホしていきますよ❗❗

本日の売買

買い

共和工業所 100株@5,270円

レンゴー 800株@961円

売り

なし

総資産

8,672,545円(+102,172円)

2件のコメント

  1. ピンバック: 12.10 ライクキッズ2Q決算、予想を大きく下回るもしっかり成長はしている内容です🙂 – 信用全力〜天国と地獄〜

  2. ピンバック: 2.27 決算が2週間後に迫ったライクキッズネクストについて少々 – 信用全力〜天国と地獄〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)