こんばんわ、かんたです🙂

先週金曜引け後の日経平均先物は久しぶりにまとまった下落📉

引くか、引かぬか、行くか、行かぬか、多くの短期トレーダーが悩んだと思います。私もその一人。

私は今、必死に『地合い読まないマン』を演じていますが、一方で『地合いに準ずるマン』でもあろうとしています。

昨年の失敗で学んだのがこの戦い方。

上手くいくかはまだ分かりませんが、考え方を自分への言い聞かせも含めて記しておきます。
※一部断定的な表現もありますが、全て個人の主観による見解です。

昨年の失敗

まずは昨年の失敗について。

昨年は10月と12月に日経平均が大きく下落する場面がありました。10月の下落時はまだ良かったけれど、11月は米中貿易戦争の協議続報やトランプツイッターなどに振り回されて、警戒(決済)と安心(買い)を繰り返し、パフォーマンスが思うように伸びない日々が続きました。

そこで出した結論が、地合いに振り回されるくらいならガチホしよう(`・ω・´)でした。

新たな戦略を手に迎えた12月、今度は暴落を一身に受け止め資産は半減。。。

下げてもガチホを決め込む、打ち出した対策が事態をより悪化させました:;(∩´﹏`∩);:

今年の作戦

11月に学んだことが「地合いに振り回されるな」

12月に学んだことが「地合いに抗うな」

一見相反する二つの方針のどちらも重要だと感じて、それを成すための方針が冒頭の2つになります。

無理に地合いを読もうとしない

「地合いに振り回されない」ためには、「無理に地合いを読もうとしない」

それが大事だと思いました。

地合い読みははっきり言って難しいです。2018年年初に軒並みアナリストが強気予想を出したのに対して、2月に即下落。その後も体たらくが続き、秋ごろ復活の兆しが見えてくるも10月~12月にかけて再度下落。

結果、2018年はアナリスト予想とは大きく離れた日経平均▲10%強で大納会を終えました。

今年に入って一転、アナリストは軒並み厳しい予想を立てます。皮肉なことに、そこからダウを筆頭にまるで2017年のゴルディロックス相場の再来かのように、右肩上がりで株価は上昇しました。

経済指標は落ち込みを見せていたし、米中貿易戦争は解決の兆しはみせるものの、決定打には至っていません。アナリストが厳しい予想を立てるのも当然かと思います。

言いたいのは、その道のプロでも無理なことを一介のサラリーマンがするのはやめようよ、ということ。

むしろアナリストの見解は事実をもとに論理立てているため、この情報社会のもとでは、大衆心理にかなり近くなると思います。

逆イールドがなんだ、PMIがなんだと直近では言われていますが、多くの人がそれを認識し、警戒する。そこで早くもアナリストが唱える論理は織り込んでしまいます。

今年に入ってから株価は上昇しているものの、日経平均が下がると上昇する日経ダブルインバースの買い残は上昇を続けてきました。つまり、投資家は株価の上昇とは裏腹に、警戒を強めているということ。未だ新しい昨年の下落の記憶と、広がる景気後退への懸念がこのような警戒を生んでいます。

誰しもが想定しているリスクは、しっかり市場に織り込まれています。市場心理は織り込まれやすい。

トレンドが変わったら、逃げ遅れてでも逃げろ

一方で、トレンドを無視し続けたら12月の再来になってしまいます。

連日の下落により、追証が話題になるような下落トレンドが来たときは潔く逃げます。

連日の下落を被り、逃げ遅れたと感じますが、それでも逃げることが大事。もちろん、大きな反発が来ることもありますが、トータル的に見たら逃げたほういい。大きく下落した後、市場心理がすぐに回復することは難しく、反発も限定的なことが多い印象です。

下手な分散投資はしない

もう一つ、こういうボラが大きいときこそ重要なのが銘柄選び。

例えば大きく日経平均が下落したときに、真っ先に売ろうと思う銘柄、それはボラの大きい地合いでは始めから持たなきゃいい話。

下落したときに買い増ししたくなるような銘柄をそろえておけば、おのずと地合いに振り回されるようなことは減ります。

当然、ある程度の分散投資は必要ですが、下落したときに全株手放すような銘柄は外してみてもいいと思います。

まとめ

今は難しい相場です。

今年に入って一見右肩上がりでも、メディアで情報収集すればするほどそろそろ下がるんじゃないかと思ってしまいます。

ここはいっそ馬鹿になって、例えば日経が一週間で1000円以上下がるまで買い、とかでもいいかもしれないと思うのです。

馬鹿になれきりないので、買いと売りを織り交ぜてるんですけどね🙄(結局)

本日の売買

買い
パピレス 100株@2,328円

売り
なし

総資産
6,768,451円(+57,144円)

ポートフォリオ

買い保有


持株数取得単価株価前日比
エスプール1,0001,580円1,919円-11円
レンゴー1,500931円1,022円+26円
サニックス10,000206円236円+1円
平山H4002,528円2,599円+52円
アイサンT5002,892円2,369円+24円
ユナイテッド海運4002,544円2,528円+38円
太陽工機5001,348円1,399円+77円

空売り保有


持株数取得単価株価前日比
GMO-PG1007,020円7,750円+320円
メドピア6002,280円2,317円+52円

株主優待保有


持株数保有スタイル
モーニングスター1,000長期
日本モーゲージ100長期
パピレス100短期
タカラトミー100クロス


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

応援クリックをよろしくお願いします🙏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)