お疲れ様です、かんたです🙂

ほとんど売買してないからあんま大したことは言えないけど、最近は需給、それも信用倍率を重視して売買しています。

スポンサーリンク

売り長な銘柄多数

地合いに対する警戒感がぬぐえない中、空売りをする個人投資家も去年末から増えていると思います。私もその一人。

「買いは家まで、売りは命まで」

有名な相場の格言。例えば100万円の買い銘柄が倒産した場合、失うのは100万円ですが、100万円の売り銘柄が超絶材料が出て3倍、4倍になると失うお金は200,300万と青天井で膨らんでいきます。

そういったことから、空売りは危険だから初心者は手を出すべきではない、ということを少し大げさに表現した格言です。

私も売りだけはやらない、そう考えていたタチですが、多くの人のその考えを変えさせたのが昨年末の暴落。

『買いだけでは闘えない』

私みたいにここ数か月で空売りを始めた人は多いんじゃないかと思います。ただ、その影響もあって、現状は空売り残高が多く残っている銘柄も多数あります。

信用買い残は、将来的(比較的短期の)な売り圧力、信用売り残は、将来的な買い圧力。さらに空売り残高が多くなると、逆日歩が発生することも。

そういった思惑から株価が形成されることも良くあります。今、私の保有銘柄は、買い残と売り残がひっ迫したものが多く、そういった需給面での変化にかなり注目しています。

サニックスとGamewith

特にサニックスとGamewith、それぞれ買い保有と売り保有ですが、先々週あたりから株価に大きな動きと、信用倍率に変化が見られました。

サニックスは現状十分高騰してくれていて、380円前後がテクニカル上の山を迎えることを踏まえると利確しても十分な水準にいますが、明日開示される先週の信用残高次第(空売り残高増えていたら)がでは、継続保有で大相場を期待してもいいかな、と思っています。

Gamewithは今日、自社株買いをほとんど終えたことが分かったので、明日以降売り圧力が強くなることが予想されます。ただ、現時点でも十分な空売りがたまっていそうなので、明日の追加売りを視野に入れつつ、こちらも信用残高次第ではフットワーク軽くトレードしていきたいと思っています。 (こちらは売りが増えていたら買戻しの検討)

本日の売買

買い
なし

売り
なし

総資産
6,784,965円(+175,331円)

ポートフォリオ

買い保有


持株数取得単価株価前日比
レンゴー4,000913円760円-1円
サニックス6,000220円369円+12円
平山H1,0001,356円1,194円+10円
ゴールドウイン20015,015円14,620円-50円
イオレ1,0002,688円2,667円+54円
パピレス2001,818円1,828円-17円

空売り保有


持株数取得単価株価前日比
ユーグレナ2,500957円860円-29円
Gamewith1,000642円796円+2円
オロ3002,257円2,484円+33円


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

応援クリックをよろしくお願いします🙏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)