お疲れ様です、かんたです😭

大発会、日経平均、マザーズ共に2%弱の下げでした📉

アメリカが年始にイランの有名な司令官(名前忘れたw)を空爆により殺害したことで、イランとアメリカの間で急激に緊張が増しています。

中東の地政学リスクということで円高、原油高に。合わせて株式市場も去年末のムードが一転、リスクオフでしたね。

しかし、実際に日本企業の業績に影響があるかというと、?です。

もちろん、アメリカ経済の影響や、円高影響はわかるけど、そこまで?って感じ。

一方で、『遠くの戦争は買い、近くの戦争は売り』という相場の格言もあります。

これは、遠くで起きた戦争は、企業業績の悪化よりもむしろ、特需によって企業業績が上向くという考えのようです。

現時点で特需を見込むのはいくらなんでも早すぎとして、実際どういうポジションにしておくべきなんでしょうねー。

当然色んな考えがあると思いますが、私のスタンスだけ載せときます。

短期的には下に備える

タイトルがもう結論ですね。

そのまんまです。

レバをかけてるから、というのももちろんありますが、一番の理由は追加の悪材料が数日以内に投下される可能性が極めて高くなったことです。

自分的には、ブレグジットのときと同じ。

米中貿易戦争では、プラスの材料とマイナスの材料が不規則に出てくるためイチイチ付き合ってられませんでした。

ただ、ブレグジットは明確な期日があった。

実際は大方の予想通り事なきを得ましたが(プラス材料は既に織り込み済みだった)、悪材料が出る可能性が高い日にわざわざフルレバでいる必要はない、という考えです。

今、アメリカの空爆に対してイランがどういった報復をするか市場が注目しています。

実際、戦争に繋がりそうな報復が起きたらもう一段、市場は反応すると思ってます。

その後、経済にどう影響するかまでは考えることなく反応すると思います。

そういったリスクが今週は付いて回るので、短期的には素直にリスクオフしようと思いました。

イメージとしては、今日の安値では買ってもいいけど、今日の高値では売っておきたい。イランのスタンスが明確になるまで、今日の高値を更新する力はないかな、そういうイメージでいました。

仕事で寄り付きは全く見れませんでしたが、想定よりも寄り付きが高かったため結構売れました。

まだレバありますが、自分としては様子見ポジションにはなったかな、と思います😁

ダラダラと書いてしまった…

本日の売買

買い
レンゴー 2,000株@810円

売り
レンゴー 1,000株@823円

ファンデリー 300株@1,270円

PRTIMES 300株@2,490円

アルベルト 100株@8,310円

日本信号 600株@1,450円

ブレインパッド 100株@5,450円

総資産
7,659,336円(-177,422円)

ポートフォリオ

買い保有


持株数取得単価株価前日比
レンゴー5,000株813円815円-19円
日本信号1,000株1,299円1,452円-9円
ユーザベース600株2,235円2,301 円+27 円
アイサンテクノロジー200株2,044円2,163円-79円
エスクローAJ6,000株230円218円-3円
平山H700株1,200円1,369円-26円
ALBERT100株9,140円8,200円-200円
PRTIMES300株2,293円2,404円-102円
ゼネラルオイスター600株1,172円1,161円+11円
エフティグループ300株1,408円1,404円-24円


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

応援クリックをよろしくお願いします🙏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)